110 第76回例会山行「浦佐耐久山岳マラソン・健康歩こう大会」の記録


第29回浦佐温泉 耐久山岳マラソン・健康歩こう大会スタート

○ 山行記録
 第76回例会山行「浦佐耐久山岳マラソン・健康歩こう大会」

日時:平成27年9月6日(日)
会場:南魚沼市浦佐
天候:うす曇り~雨
コース:21キロ(高低差375m)
 ※マラソンはこの21キロ1周と2周の2コースがあります。ウォーキングは1周のみのコースです。

 今回の例会山行は「第29回浦佐温泉耐久山岳マラソン・健康歩こう大会」への参加でした。何回か参加した会員もいるそうですが、今回の参加者はマラソン1周2名、ウォーキング16名の合計18名でした。他に個人での参加者が3名でした。
 上越・長岡・新潟の各方面から前泊組の宿「たもん荘」に7時前後に集合後、スタート地点前の広場に移動。ウォーキングリーダーの竹田さんよりパートナー組み合わせが発表されました。

《以下の記録はウォーキングのタイムです》

 8:30 マラソンランナー(約1000人)出発。その後からウォーキングの人達(約350人)が歩き始めた。街並みを外れて田んぼの中の舗装された道を進む。道端のあちこちでの家族総出の声援が嬉しくもあり気恥ずかしくもあった。
 9:10 「第1給水所」 水・麦茶・ポカリ・塩が置いてあった。
 9:15 「3キロ」の案内板。舗装された少し急な山道を行く。体操着姿の女生徒が多いので声をかけてみた。国際情報高校の生徒で、1・2年生の学校行事なのだそうだ。因みに3年生は今日「八海山登山」とのこと。大会後に参加者名簿を見たらマラソンにも大勢参加していた。
 9:30 「4キロ」の案内板。前に坂牧・西澤・野地さん、後ろに上林さんご夫婦・霜鳥さん、その間を吉井・小田・町屋さん達と賑やかに囀りながら歩いていく。道脇の斜面から紫色の萩の花が垂れ、赤紫色の葛の花もきれいだった。

 9:42 「5キロ」の案内板
 9:45 「青の洞門」の看板。灯りの無い真っ暗なトンネルに入る。長さは150mくらいだろうか。カーブを過ぎると出口の明かりが見え、ホッとする。トンネルを出た所に「第2給水所」があった。給水を終えて道路を横切ると「魔の33曲がり開始」の看板が立っていた。 ジグザグの急坂を登って行く。 
 10:00 「6キロ」の案内板。右手谷側が急にひらけて、八海山があらわれた。
 10:10 「トイレまで2キロ」の案内板
 10:15 「7キロ」の案内板
 10:17 「第3給水所」 これより緩い下りとなる。コースは山を二つ越えるとのことなので、最初の山を越えたらしい。
 10:25 田んぼの中の道となった。
 10:27 「8キロ」の案内板
 10:30 後山小学校着 トイレ休憩。長い行列で時間をとられる。
 10:50 後山小学校発 さらに下って行く。
 11:00 「9キロ」の案内板。マラソン2周目のランナーが何人か追い越して行った。坂牧・西澤ペアはスピードを上げ、野地さんと私はついていくのがやっと。網野・宮下さんに追いつく。
 11:25 「11キロ」の案内板 上林明さん第3給水所でリタイアの連絡が入る。
 11:30 「第4給水所」 これよりまた、登りとなる。
 11:37 「12キロ」の案内板
 11:50 「13キロ」の案内板
 11:55 「氷」の旗を掲げた私設の給水所があり、氷入りの冷たい水を提供していた。
 12:03 「14キロ」の案内板  これより緩い下りとなる。どうやらこれで二つ目の山も越えたらしい。
 12:05 「第5給水所」
 12:15 雨が降り出した。
 12:30 「16キロ」の案内板 小雨の中を行く。
 12:43 「17キロ」の案内板
 12:45 「第6給水所」
 12:55 「18キロ」の案内板。急な下り坂なので後ろから来るランナーとぶつからないよう注意しながら下って行く。
 13:08 「19キロ」の案内板。 坂を下りきって「毘沙門堂」の前を通過し、街中に入る。
       先に行った坂牧・西澤ペアとすれ違う。この先でUターンするらしい。
 13:15 「第7給水所」。これよりUターン。
 13:20 「20キロ」の案内板
 13:27 「第8給水所」 さすがに、ここで水分を取ってる人は見なかった。
 13:35 ゴール
(これより1時間ほどの間にあいゆーの参加者全員がゴールした)
 
 大会名物の八色スイカをいただいて、休憩宿の「たもん荘」に引きあげる。 昼食の弁当をいただき入浴も済ませて、ゆっくりと休憩する。15:30に今回の担当者の一人、諏訪さんの閉会挨拶のあと、解散となった。
 記録:佐藤

○ 感想

 1 竹田さんの感想

 八時半過ぎスタート。歩き始めて、間も無く登り。登りばかりで平らな所は殆ど無く、今まで身体は動かしていたが歩くことは全然無しで、きついコースだとは分かっていたのにトレーニング不足そのもの。
 22キロ弱?まだ大丈夫?と自惚れ歩き始めて、もう駄目でした。第4給水所辺りから左太ももが筋肉痛。ギブアップは嫌だし、ままよと何とも無い顔をして歩きなんとか最後の下り。もうチョット、もうチョットとキツイ下り坂をトボトボと言う表現がピッタリの歩き方。
 なんとか毘沙門堂の前を通りすぎコーンを道路の真ん中に並べてあり右へ行けばゴールなのに左への矢印。何てこったと思いつつ歩く。「後2キロ」の声。聞かなきゃ良かった。
 何とかゴールの横断幕が見えたが、そこから又、遠かった。それでもようやく午後3時前にゴール。完歩賞を貰いスイカを食べて休憩所へ入り皆さんと合流。やっぱりトレーニング不足は駄目だって思った1日でした。参加された皆さんお疲れ様でした。

 2 坂牧さんの感想

 今日の台風18号の低気圧の被害がすごいです。関東にお住いの方々、大丈夫でしょうか。くれぐれも気を付けてください。
さて、先日の浦佐山岳ではお世話になりました。
色々ご配慮していただいた諏訪さん 竹田さんありがとうございました。
何とか5時間ぎりぎり切手ゴールできました。

サポートいただいた西沢さん 野路さん有り難うございました。
今年は昨年と違い蜂に絡まれることもなく楽しい話題に花を咲かせながら気持ち良い雨の中歩かさせていただきました。
同じ班だった野路さん、一緒にゴールできずにすみませんでした。
今週は程よい筋肉痛と共に仕事をしています。
もし来年5キロ位減量ができたら、また走られるかなと思っています。
八色スイカを食べていたらスイカのおばさんに「何度か来ていただいていますよね。」と声をかけられました。
覚えていていただいて光栄でした。町を挙げての大会なのでとても親しみもあり暖かい大会です。また来年も参加したいと思っています。


戻る