109 第75回例会山行「笹ヶ峰」の記録


               
竹の子の皮むき

○ 山行記録

 第75回 笹ヶ峰ジンギスカンと ビアパーテイ報告
 有坂道雄

台風 11号の影響で、安全のため、テント泊を 取りやめて、近くのスキー場で、オフシーズン中の食堂を 貸し切りで 宿泊変更。

7月18日
朝方から、小雨と風が少しあったが参加者 全員、女性 8名 男性 12名 計 20名盲導犬 3頭

宿に揃った 14時頃には、天気回復食堂前にブルーシートをひき、標高 1000メートル、スキー場での ビアパーティー。
野崎さん 使用の ガス バナーに焼き肉用の 鉄板2枚 その上で焼くジンギスカン美味かった。
ビールに日本酒、山葡萄酒、焼酎と楽しく飲んで、中盤で 上林明師匠に お願いして謡ってもらいましたが、圧巻でしたその美声は。
黒姫山をバックにリンのように又、尺八のように、眼下に見える 野尻湖や千曲川にかかる カスミ雲の向こうの、奥志賀の山々まで 届くかと思うほど。 鳥の鳴き声に 上を見上げると、師匠の美声にひかれて来たのでしょうか。15時から17時半の出来事でした。

7月19日
朝食 ライスカレー、 竹ノ子汁20名分の食事作りに女性の活役又男性は、テーブル等並べ、目の不自由な かた方は竹ノ子の皮むきとお陰様で カレーも、竹ノ子汁 も美味かったとのこと、各部屋、調理場トイレ、掃除後予定通り9時半発。
笹ヶ峰牧場 グリーンハウス9時45分着
笹ヶ峰牧場森林セラピーロード単距離コースへ。

10時発
ドイツトウヒの森を抜けて、清水ヶ池、清水川を川沿いに清水の湧き口近く名水百選 宇棚の清水へ、グリーンハウスに 12時着。
コース間には、杉の薄皮を剥がし巣作りにリスの爪跡、又 ミズナラの大木には熊の爪跡が、清水ヶ池からの道端には、野イバラの白い花や深山オダマキ、ツルウツギ、四つ葉ヒヨドリ、妙高トリカブト、金色のオタカラコウ、シモツケソウ などの花が咲いて心を和ませてくれます。

グリーンハウスでは、席と日替わり定食を20名分を予約してありましたので、スムーズに食べたり、時間も節約でき、食事後ブナの木下芝生の上で、涼しい風に、下界の 蒸し暑さを 忘れさせてくれます。

このブナの大木の下に 全員集合、 13時40分解散
今回の例会は20名と多くの参加を戴き有り難うござました。
又、参加募集の連絡が届かなかった方には、お詫び申し上げます。
参加の皆様、全員で 担当の野崎さん、有坂を 手助けして下され、初めての、イベントを 少しの事故もなく、楽しく行えた事に感謝します、
有り難うござました。

○ 参加者の感想

1 中村さんの感想

参加した皆さん こんにちわ。
長岡市の中村りょうこ&ニケです。
当日、長岡班は五名と一頭を宮崎さんの運転で出発しました!

宮崎さん、諏訪さん、馬場さん、佐藤さんと中村とニケは越路インターから食堂妙高へ到着しました!
そして、落ち着いた頃 「バーベキュー 始めるぞー」と声がかかりました。

皆で乾杯をし、ほろ酔い加減の頃、肉や野菜が焼きあがったので、今度は食べるのに夢中になりました。
気の利いた町屋さんは犬用のチーズやキュウリを用意して下さったので大変助かりました。

眼下に野尻湖、遠くに越後山々が見えて良かったそうです!
夜の食堂も暖かく用意した寝袋も要らない位でした。

19日の朝は九時半に出発し、清水ヶ池、笹ヶ峰牧場周辺を歩き、様々な花々を触ったり、匂いをかいだりと大変勉強になりました。

解散後、長岡班は苗名の滝に立ち寄りましたが、猛暑の為、良子の汗もナイアガラの滝のようでした!

今回担当の有坂さん、野崎さん、様々な面でおせわになりありがとうございました。
また、サポートして下さった、佐藤さん、中田さん、ありがとうございました。
佐藤さんには家までの送迎もして頂き大変助かりました!

2 上林 明さんの感想

あいゆーメーリングの皆様こんにちは。
新潟市東区の上林明です。

表題の例会山行、ほんとうにお世話になりました。
とにかく我があいゆーの、と言うよりも今回の企画担当された方々の精進のおかげで、さしもの台風も恐れをなし、三拝九拝して逃げて行ってしまいました。
それにしても担当された有坂さん・野崎和子さん、ずいぶん御心痛をおかけしました。
参加者20人共々に満足の中に帰路に着いた事と思います。
皆様ありがとうございました。

近頃、忍び寄る認知症の陰に脅え、それでなくても未来のみを志向するあまりに、過去の事は一日前のことですらほとんど記憶に残らない私が感想文など書ける訳も無いのですが…

残念ながらテント泊体験はできませんでしたが、私の場合せっかく求めた寝袋も開かずじまいでしたが、好きな者は鱈腹飲んで、牛・豚・鳥・マトンと野菜をたっぷり、そして夜のふけるのも忘れて飲みましたね。語りましたね、歌いましたね。
接遇に調理に後片付けにと寸暇の余地のない中、和子さんは、昨今話題のユーチューブ(動画サイトをスマートフォンで立ち上げてリクエスト曲の伴奏まで勤めてくれました。
ほんとうに驚きました。ありがとうございました。

食道の2階をお借りしての宿泊も感謝でした。

そして翌朝の竹の子汁の美味しさは当分忘れられない物となりそうです。
竹の子の皮むきなど未経験の私は、子供がかじった後のような剥き方で、はたして食べ物になったのでしょうか?

当初の予定と二日目の散策は変更されたのかどうかの違いも判らぬまま、笹ヶ峰牧場の外周を、若干の暑さはあったものの、また途中で若干のにわか雨のようなスコールには合ったものの傘を数分さした程度でこれまた逃げていなくなってしまいました。

いろんな樹木や花も・実も、有坂さんの解説と手で触れさせていただきましたが、またいきなりかじりついたりもしてみました。
植物音痴の私はなかなか覚えていられない空け者(うつけもの)が情けないです。
とちの実を触らせていただいては、とち餅を連想するしかできないのが情けない。ブナの木だったか、大木の途中に大きな穴があり、手を差し入れて内部が触れたのも大変珍しい体験でした。

帰路は、中田さんご夫妻の自家用車で妙高高原駅まで送っていただきありがとうございました。そしてそこから約5時間強ほどかけて新潟駅へ、駅前で4人で祝杯を挙げてそれぞれに帰宅しました。
大変思い出に残る例会となり、思わぬ楽しい一面を見せてくれた人、ふける程にテンションが上がってゆく人、下がってゆく人。
だけど、みんなものすごくフレンドリーで気の許せる仲間ばかりだなあとつくづく思わされました。

今後とも枯れないで、華麗なる老いを楽しんでまいりましょう。
長文失礼しました。ありがとうございました。

3 町屋さんの感想

笹ヶ峰例会山行に参加された皆様、大変お世話になりました。 
前日まで 台風の影響で中止かと心配しましたが、有坂さんの「台風よ来るな。」の声で、雨も止み食堂妙高に集合。

屋外で、早い時間からの バーべキュー ビアパーティ 野尻湖と美しい山々を眺めながら,美味しいお肉野菜 ビールなどいただきながら、上林さんの 迫力ある素晴らしい声での詩吟に、 小鳥たちも参加で 感動しました。
 
日没後は、夜景に見とれて心地よく眠りました。

19日は、カレーと竹の子汁で朝ごはん 竹の子汁はとてもおいしくかったです。
その後 車で牧場到着 有坂さんのガイドで セラピーロードを、ドイツトゥヒの森を歩き始め、樹木 動植物の説明を聞きながら、乙見湖に着き 金山 焼山が見え隠れする中 宇棚の清水では、冷たくて美味しい水を飲んでいると 沢山のクレソンが群生していました。美味しそうでした。

森を抜けると、牧場の牛たちは日陰でまったり過ごしていて、のどかな風景、やわらかくやさしい風を感じながら大自然の中での二日間は 癒しの時間でした。
花々は、沢山咲いていてとてもきれいでした。

有坂さん 野崎さん 素敵な計画してくださり有難うございました。
準備から 当日翌日とご苦労さまでした。

4 早川さんの感想

iPadから送信
おばんでございます。早川です。今回の笹ヶ峰キャンプでは 有坂様 野崎様 皆様 大変お世話になりありがとうございました‼️
2週間前に寝袋を買い、1週間前に切符を買い初めての一泊キャンプに。 とても楽しい 面白い二日間でした。お酒が呑めなく申し訳ありません。
有坂様 野崎様 本当にご苦労様でした。今の自分には何もできません がこれからも参加してまいりますので、ご指導よろしくお願い致します。

私事ですが、昨日の夜 カミさんが 明日 映画を観に行きたい と (眼が見えにくくなっても登山するのだから私と映画に行っても)と言われてる気がして 何が観たいの Hero 俺も観たいと思ってた 明日行こうと私。今日、カミさんとデート。途中 下着売り場へ なんで?  9月まだ暑いよ〜 着替えを持って浦佐に行きなさいと言う訳で 正式に認可されましたので諏訪様 皆様 9月も よろしくお願い致します。早川明良

5 吉井さんの感想

皆さん、新潟の吉井です。お早うございます。
爽やかな妙高から帰り あっちぇねが 合言葉の毎日です。
有坂さん・野崎さん初めてのキャンプ泊を計画してくださり本当に本当にありがとうございました。
キャンプ泊は出来なくてもそれ以上に盛り上がった例会でした。
バーベキューでは手慣れた野崎さんのてきぱきとした采配でおいしくいただきました。
みなさんのリクエストに快く応じてくれた上林明さんの詩吟は、さすがプロの喉を披露され全員魅了されました。

眼下に野尻湖を見下ろしながら、沸き始めた雲海が二次会で室内に入ったころには、野尻湖をすっぽり包み込むように雲海が広がっていました。
翌日の笹ヶ峰牧場周辺では、有坂節炸裂でこれは小熊がこことここに足をかけ、登って行ったと・・・・小熊の姿がみえるようでした。
ももんがや子リスが巣を作るために木肌に爪を立て小さくはいでいったあとはまだ残っている木肌がやわらかくなっていて、暖かいベットになりそうでした。

おいしく・たのしい例会をありがとうございました。


戻る