105 第72回例会山行「塩の道」の記録


         塩の道・ウトウ
塩の道トレイルHP     http://sionomichi-trail.com/

 新潟あいゆー山の会 第72回例会山行「塩の道・大野コース」
 富山三ツ星山の会との合同ハイク

期日: 平成26年11月2日(日)
目的地: JR糸魚川駅〜「塩の道」〜JR根知駅
地域: 糸魚川市
ルート: 大野コース
担当: 利根川秀明
参加者: 新潟あいゆー山の会 17名(視覚障碍者6名 晴眼者11名)
     富山三ツ星山の会 17名(視覚障碍者6名晴眼者11名)
     総勢34名(視覚障碍者12名晴眼者22名)
天候: 曇り〜小雨〜曇り

【記録】
(9:30に糸魚川白嶺高校駐車場に上越・長岡組と野地号集合。歩いて糸魚川駅へ)
10:05 JR糸魚川駅連絡通路で新潟からの電車・富山からの電車を待って集合。総勢34名がそれぞれ自己紹介。各会長の挨拶。
10:12 北陸新幹線開通のために工事中の糸魚川駅を出発。街なかを歩く。以降、ずっと利根川さんの説明案内で歩いた。
10:23 鉄砲町通過。鉄砲鍛冶屋が多くあったとか。敵が一気に攻められないように 通り道が90度にカクカクと曲がっていた。
10:45 「上刈みかん」の木にたわわに実がなっている。江戸時代から栽培されているそうで、今は6本のみとのこと。北限のみかんだそうで、超小粒のため昔は升で計っていたという。

10:54 原山地蔵。 3体のお地蔵様が祀ってあり、真ん中のお地蔵様は高さ2mとのこと。
11:02 美山公園。 糸魚川は坂の多い街だ。ずっと登ってきたが、ここで休憩。
11:12 よく整備された広くてきれいな美山公園を後にして杉林の中の舗装道路を下って行く。農業用ハウスがいくつも並んでいる。中は葉物野菜のようだ。
11:44 可愛い道祖神(一組の男女が手をつないでいる)の脇を通る。
11:53 離れてしまった後続隊を待って5分休憩。
12:02 馬頭観音・大野石仏群にお参りをする。
12:15 十王堂 ここでは閻魔様が一番偉いそうで、10人の神様を祀ってあるそうだ。
《所々に「塩の道古道」と書かれた石の標識が出てくる。》
《工事中の道路が多く富山の一部の人達がかなり遅れているので、待つ時間が多くなった。》

12:35 休息所で昼食。時間がないので慌ただしく食べる。
12:57 出発。雨粒がポツリポツリとあたってきた。山道にはいる。杉林の中の落ち葉でフカフカした道を行く。道幅が広く歩きやすい道だ。昔はここを歩荷や牛方が通ったのだろうか。
13:30 雨が強くなり、全員で雨具を着用する。
13:43 舗装された道に出る。
14:08 姫川沿いの「枕状溶岩」に到着。2000万年前の海底火山の噴火で、溶岩が海水で冷やされてできたとか。断面が枕を積み重ねたような形をしている。「Pillow Lava」との英訳までついた丁寧な説明文の碑が立てられていた。その周りはきれいに整備されている。
14:38 バス停のある車道を通り「根知駅」に到着。糸魚川駅では時間がないので、ここで各会長の挨拶があった。
15:05 JR「根知駅」より大糸線に乗車。
15:20 「糸魚川駅」到着。解散。

 以上 報告します。
 記録: 佐藤(房)

○富山三つ星山の会 上沢さんの感想

 塩の道・大野コース(新潟あいゆー山の会との交流会)に参加して

上沢です、いつもお世話なっています。
今回は、塩の道大野コース(新潟あいゆー山の会との交流会)に参加をさせていただきました。
新潟あいゆー山の会の皆さんとの交流例会ともなりました。
糸魚川までは格安「北陸おでかけ切符」利用したJRでの移動となりました。
JRとしての移動も来年3月13日までということでなんか北陸新幹線開業で大きく変化するのかなあと思いながら列車に揺られていました。
糸魚川駅で新潟あいゆー山の会の到着を待って、いよいよ出発となりました。

天気は曇り空で温かい中での出発です。
最初は、糸魚川の街並みを歩きました。
商店街や家々の間を歩いて行きました。
加賀街道(加賀の井本陣跡)
鉄砲町(城下町特有の街並)を進んで行き美山公園に到着しました。
アスファルトの舗装道路でしたが、上り坂があって最初からきつかったです。
美山公園はとても広く陸上競技場、野球場、サッカー場等あり、落ち葉もいっぱい落ちていました。
公園で休憩後、大野石仏群(馬頭観音・十王堂)道標(左しんしゃう・右井之口村)と進みました。
ここは下り坂が多く、畑などには、白菜、葱、菊の花など植えてありすごくのどかな雰囲気でした。
地元の方が農作業しておられて「こんにちは」と声をかけていただきました。
12時40分くらいに東屋へ到着して、昼食となったのですが、少し遅れているということで昼食途中に「あと5分で出発します」と言われて焦りました。
皆さん昼食を途中で切り上げて出発となりました。

午後は国指定史跡塩の道古道ということで登山道みたいところを歩きました。
朴葉の葉っぱがたくさん落ちていて滑りやすく、ぬかるんでいたこともあり、ゆっくり踏みしめながらの登山になりました。
そして、ついに雨が降ってきて雨具を着用しました。でも雨は15分位で小雨になりました。
山を越えた後、仁王道(地名のみ) 枕状溶岩(海底火山の跡) 農村公園と のどかな場所や部落内などを進んで14時40分位に根知駅(JR大糸線)に到着しました。
今日1日で、約10キロ、26000歩くらい歩きました。
そして新潟あいゆー山の会さんとの記念撮影、挨拶などをして、大糸線に乗車、糸魚川で乗換そして無事に富山へ到着しました。
帰りの列車に乗車したころから雨が一気に強くなってきました。

今回は、新潟あいゆー山の会の皆さんとご一緒させていただき、
めったに行けない塩の道を歩くことができて、また貴重な体験ができました。
あいゆー役員の利根川さんの解説も素敵でした。
1日なんとかお天気もってくれて良かったです。
今後とも、新潟あいゆー山の会さんとの交流ができたらいいなと思いました。
本当に色々とお世話になり、ありがとうございました、充実した1日でした。

◎感想

1 宮下さんの感想

宮下です。昨日の塩の道、とても良かったです。ありがとうございました。
数日前からの天気予報があまりよくなくて、立案された利根川さんは、やきもきされたことと思います。
午前中は日がさす時間もあり、午後からも時々小雨が降る程度の天候で、とてもラッキーでした。
新潟組の到着時間で、あわただしい日程になってしまい申し訳ありませんでした。

古道の落ち葉の上を歩く感覚が、とても良かったです。また、根知駅からの大糸線のローカル列車もとても良かったです。
帰りは、雨の降る中運転していただいた宮崎さん本当にありがとうございました。おかげさまで、18時5分発の臨時快速「そば祭り号」に乗車することができました。
(この電車は普段は常磐線のフレッシュ日立で使用されている車両とのこと)
新潟に着いてから、上林さんたちと一杯いただいて9時過ぎに帰宅しました。今日(3日)の天気は、一日雨模様です。昨日は本当にお疲れ様でした。
また次回、よろしくお願いいたします。


2 坂牧さんの感想

長岡の坂牧です。
昨日の塩の道では大変お世話になりました。
久しぶりの山行でもあり、また天候も心配される中で不安な山行でしたが、利根川先生の念力が今でも泣き出しそうな空模様をくい止めてくださったような気がします。
また、帰りの糸魚川駅から駐車場まで自分の体を顧みずに私の事を濡れないように傘を差し向けてくださった優しい方々の気持ちに本当に感謝しました。

今回のコースはハイキングコースもありまた途中の結構な山道もあり起伏に富んだコースで楽しかったです。利根川先生の名所の説明もとてもわかりやすくありがとうございました。
またサポートいただいた網野さん、中田さん、道中楽しい話を沢山聞かせていただきありがとうございました。

そして果物、飴、チョコなどいろいろいただいた方々、本当にご馳走様でした。また、玄関から玄関まで私だけ社長のように車で送迎していただいた宮崎さんありがとうございました。
先日、患者さんから御岳山の噴火の日に新潟からのツアーもあり、その参加者の一人がとても遅れ、8合目でその一人を待っていたおかげであの災害に巻き込まれなかったという話を聞きました。

何だかこの山の会と重なるところもあると感じられるのわ私だけでしょうか。
運営委員会には参加できずに申し訳ありませんが、身に合った山行をこれからも楽しめればと思っています。

今日は新潟のラーメン王国に行く予定でしたが、あまりにも朝からの悪天候で家で一日中、本を聞いたりとまったりとしていました。
昨日の疲れも取れ明日からまた頑張れそうです。
お世話になった方々本当にありがとうございました。

3 網野さんの感想

 こんばんは 八王子の網野です。
 遅くなりましたが11月2日の塩の道では 大変お世話になりました。いつ本降りになるかと心配しながら歩きましたが、途中からちょっと降られた位ですみ、濡れずに根知駅に到着することが出来ました。

 塩の道は昼食後からの道が本格的塩の道のような気がしました。空気が澄んでいて、気持よく楽しい時を過ごすことが出来ました。それにしても、糸魚川から松本まで荷を背負って120KMを歩いた昔の人は、健脚そのものですね。私も元気なうちに泊まりこみで、歩いてみたくなりました。

 パートナーの坂牧さん、中田さん、お疲れさまでした。又、よろしくお願いします。
 参加者の皆さん お疲れさまでした。
 利根川さん ありがとうございました。

4 渡辺さんの感想

糸魚川の渡辺です。
昨日、塩の道に参加してきました。

天気を心配していたのですが、午前中は、曇り、午後は小雨で苦になるというものでまありませんでした。道はほとんど舗装されており、多少のアップダウンがあるものの、木立の中を気持よく歩けました。

昼食場所の到着時刻が予定より遅れていたので、利根川さんは、少々やきもきしたのではないかと思われます。それでも昼食時間を短くし、後半のウォークで遅れを取り戻され、予定通り根知駅15:05発に乗車することができました。
これに乗り遅れると、根知駅で2時間近く時をすごさなければなりませんでした。
おかげさまで、無駄な時間を過ごすことなく、帰宅することができました。
ありがとうございました。

今回、私のパートナーを務めてくださいました有坂さん、相羽さん、楽しくウォークすることができました。ありがとうございました。
また、私を家まで送ってくださいました中田さんにもお礼を申します。

それから、参加者の皆さんは、糸魚川駅から糸魚川白嶺高校までの間に雨でかなりぬれたのではないでしょうか。かぜをひいた方がいらっしゃらなければいいのですが。
帰宅が早い私でも体が冷え、頭が痛くなったものですから。
 以上です。

5 霜鳥の感想

 第72回例会山行・塩の道の感想

今回の山行を富山三つ星山の会に案内したところ、参加したいとの申し出があり、富山と新潟の交流山行となりました。

 上越班は、それぞれにピックアップ後、駐車予定地である糸魚川市の白嶺高校に向かいました。集合時間には各地からの参加者も集合したので糸魚川駅に向かいました。徒歩10分で糸魚川駅に到着しました。駅周辺は新幹線大工事で町の様子が一変していました。
 北陸新幹線が来春開通する予定なので、新駅の建設も急ピッチに進められています。糸魚川駅は既に供用されており、広い改札口前で富山、新潟班と合流しました。そこで、新潟と富山の自己紹介もしました。

 1階?の階段を下り、塩の道(東回りコース)の起点付近から出発しました。新潟は班編制、富山はフリーで美山公園に向かいました。私たち7班はラストを行くことにしました。ちなみに西回りコースは、青海町須沢から姫川の西側を小滝方面に向かっています。
 起点付近の町並みは、旧道の面影が残る落ち着いたたたずまいです。美山公園までは緩やかな上りで、道路脇に南限と言われるミカンも見られました。
 公園からは車道をしばらく歩いて古道に入りました。中山峠付近は「ウトウ」と呼ばれるU字型の古道がしばらく続く、おもむきのある古道でした。 私たちはラストだったので休息時間も少なく常時歩いている状態で、昼食も5分で済ませました。また、途中の山林ではキノコを採っている人たちもいました。

 私たち後尾は根知駅近くになってから、電車時間が不安なのでショートカットをして皆さんと合流できました。根知駅では、集合写真を撮ったあと、富山三つ星山の会からご丁寧なあいさつもいただきました。
 根知駅は普段は無人駅ですが、JRの服装をした2名の男性がいて、乗車をアシストしていただきました。後で判ったのですがJRからの派遣とのことでした。また、電車では運転手のアシストで車内にも1名おられたとのことでした。
 電車は1両で、私たちが乗るとほぼ満員状態でした。しばらくぶりに典型的なローカル電車に乗ることができました。
糸魚川駅に着くと、ホームで富山とは乗り換えのためあわただしく別れました。
 今回、富山との交流登山でしたが、会を重ねるごとに交流が深まるのを感じました。来年度は、当会が富山へ出かけての交流も良いのではと思いました。
 コースの案内とJRへの対応をしていただきました利根川さん、ありがとうございました。

戻る