96 第62回例会山行「城山(じょうやま)」の記録

 新潟あいゆー山の会
第62回例会山行「城山(じょうやま)」384m 山行報告書

日 程:平成25年4月21日(日)
目的地:城山384m(時水城址)
山 域:小千谷市
ルート:姥清水コース往復
担 当:佐藤房子・諏訪恵一
参加者:12名(視障者4名 晴眼者8名)
天 候:雨/雪/みぞれ

【コースタイム】
  10:00 小千谷IC集合・登山口へ移動
  10:30 登山口発  
  11:00〜11:10 休憩
  11:30 山頂着・昼食
  12:30 山頂発
  13:15 登山口着

【報告】 
  前夜からの雨に加え朝には季節外れの雪まで降り出して登山には不向きな天候でした。小千谷インターに集合し、姥清水に向かいました。柏崎の竹田さんが差し入れ持参で見送りに来て下さいました。水を補給してから登山口に駐車し、挨拶・自己紹介の後、渋る面々に「これも経験のうち」と小雨の中を出発しました。幅広の登山道は新雪に覆われていて、道端のカタクリも花弁をかたく閉じて雪の中でうなだれていました。マンサクの林をぬけ杉林の中を通って、それでも「あいゆー」らしく賑やかに登って行きました。途中1回だけ休憩をとり後半の急坂に備えました。周りの山々が中腹を境に緑と白の二色に分かれてて、美しい景色になっていました。全員、歩調も順調で引き返したいという声も聞かれず、出発から1時間で山頂に着きました。山頂には三方をシートで囲んだ東屋があり、他に登ってくる人もいず当会の貸切でした。中には時水城の謂われを書いた額が掲げられ、鐘を中心にぐるりとベンチが置かれてて恰好の休み場になっていました。そこで豚汁を作り熱々を食して冷えた体を温めました。一時間ほどの休憩の後、集合写真を撮ってから下山を始めました。雪で滑りやすい急坂を注意深く下って行きました。小雨は相変わらず止まず、残念ながら越後三山も眺めることが出来ませんでした。45分ほどで駐車場に着きました。悪天候の中の冷たく寒い山行でしたが、全員が頑張ってくれました。皆様お疲れ様でした。(記:佐藤房子)
※参加者:山村・渡辺・霜鳥・小田・利根川・上林(洋)・吉井・諏訪・宮下・
宮崎・馬場・佐藤 以上12名




戻る