55 第29回例会山行 三国山の下見記録
三国山
       なだらかな三国山      

 記録:佐藤

 11日に9月24日の例会山行の「三国山(みくにやま)」の下見に行って来ました。 「三国山」は上越国境谷川連峰の最南端にある標高1636mの山です。
 国道17号沿いにある「苗場ふれあいの郷」の広い駐車場で上越からの霜鳥・利根川組と 合流し、車1台で三国トンネル新潟県側入り口にある三国山登山口駐車場に向かいまし た。

 登山口(1076m)を7時10分に出発し、旧三国街道の広くて歩きやすい樹林帯の峠道を ゆっくり登って40分ほどで「三国峠(1246m)」に着きました。途中には「三国権現御 神水」とよばれる豊富な湧き水があり、のどを潤しました。

 三国越えは万葉集にも歌われた古くからの道です。「三国峠」は御坂三社神社や石灯籠 がある広場で、「三国峠を越えた人々の碑」があり、坂上田村麻呂から歴代の越後藩主 、明治の文豪らの名がずらっと並んでいました。ここから群馬側の永井宿まで旧三国街 道は続いていますが、私たちは峠道から分かれて登山道を行きました。

 ここから山頂までずっと木の階段道です。段と段の間が空間になっている所が多く、1 歩1歩確認して歩かねばなりません。視障者の方は必ずステッキが必要だなと思いまし た。峠から40分ほどでなだらかな広い草原帯の「お花畑」に着きました。夏の名残の花 々がたくさん咲いていました。正面に三国山、左手眼下に苗場スキー場、その奥に苗場 山、右手には上州の山々と眺望を楽しめます。木のベンチもありゆっくりと休憩できる 小広場です。

 山頂へはさらに30分の登りでした。斜度のきつい階段は板そのものが斜めだったりして 歩きにくい道でした。 山頂(1636m)は三等三角点のある小広場でした。 今回は三国山から平標山へ縦走をしました。参考までにタイムを記載します。

 7:10 三国山登山口
 7:50 三国峠
 8:30 お花畑
 9:05 三国山山頂
10:45 三国山
10:50〜11:30 昼食
12:20 平標山の家
13:30 平標山山頂
14:20 平標山の家
15:05 平元新道・林道
16:10 苗場ふれあいの郷駐車場

 当日は時間的にお花畑までで正午近くになると思います。山頂は踏めないかもしれませ んが、十分楽しめると思います。
 記録:佐藤

戻る