122 2017特別山行「八方尾根」の記録

                      八方尾根・八方池

◎ 山行記録

 新潟あいゆー山の会 2017特別山行「八方尾根」

期日:2017年9月9日(土))~10日(日) 1泊2日行事
山名:八方尾根(ケルン・八方池)
地域:長野県白馬村八方尾根
目的:2017年特別山行
ルート:ゴンドラ・リフト・八方池往復
参加者:8名(視障者2名・体験参加1名)

○ 日程
9月9日(土) 前泊者:糸魚川姫川温泉・ホテル白馬荘
16:00 前泊者集合
18:00 宿泊・交流会

9月10日(日) 特別山行・八方尾根
 6:00 ホテル白馬荘発 朝食は弁当・昼食はおにぎり
 7:00~ゴンドラ八方駅駐車場(WC)
 9:00~八方池
10:30 リフト終点
11:30 八方駅・解散
12:00 昼食・温泉
13:30 解散

 今回の特別山行の参加者は8名でした。今後、実施の有無についての要検討事項と考えられました。
 新潟・上越班は、直江津駅で合流しました。遅い昼食は、能生の「あさひ楼」でラーメンを食べました。人気のラーメン店なので室内は満員でいた。メニューは、ラーメンとチャーシューメンのみで、表面に油の膜が張っている独特の味のラーメンです。
 翌日、八方尾根周辺はイベントがあり、周辺の宿泊は不可能だったので、姫川温泉に宿泊しました。昭和にタイムスリップしたような旅館で、源泉100% かけ流し湯が自慢の宿です。しかし、私には熱湯で、シャワーで入浴をすませました。夕食後、早めに就寝しましたが、すぐ下を流れる姫川のせせらぎが気持ちよく、熟睡できました。

 10日は快晴で幸先の良いスタートを早めに行動しました。ゴンドラ八方駅は、すでに大混雑していましたが、一番乗りで乗車できました。ゴンドラとリフト2本を乗り継いであっという間に1800mに着きました。
 途中では、山の展望ができませんでしたが、徐々に雲も切れ、八方池では快晴になりました。唐松岳から白馬、小蓮華、雨飾、妙高山までがまじかに展望できました。
 下りもあっという間に降り、下は蒸し暑く、八方池の爽やかさはうそのようでした。
 記録・霜鳥

1 小田さんの感想

あいゆーの皆さま
こんにちわ
小田ふじ子@阿賀野市です。
平成29年9月9日10日
八方尾根ケルン 八方池 姫川温泉ホテル白馬荘に行ってきました。
9月9日 土 晴れ しらゆき4号で亀田の石本さんと合流。
直江津駅で野崎さん霜鳥さんお迎えありがとうございました。
姫川温泉白馬荘到着
おかみさんのお話し。
ワンチャン こなかったの?楽しみにしていたのに残念。と言われました。

大糸線のかわいい電車の音が聞こえました。
姫川を流れるせせらぎの音。
温泉をゆっくり。夕食はごちそうでした。
10日晴れ。朝6時白馬荘出発。
ゴンドラ乗り場までトンネルあり。そばの白い花満開。
7時30分ゴンドラ始動。一番乗り。大混雑。
4人乗りリフトに乗り継ぎ。虫の声。
すすきの群生。われもこうの花が点々とありキレイ。りんどうあり。

あっという間に1830メートルの高原に。涼しい風に吹かれる。
あれが小蓮華山 雨飾山その右が火打山と教えてもらいました。
登山道は岩がごろごろ木道あり。
登山者多く。子供の声
ナナカマドの赤い実にふれる。ケルンでは大きな石造に触れる。
北アルプスに見とれる。八方池にはサンショウウオがいるとか。
下山途中トイレに協力金を支払う。
ドンドン ガスがのぼってくるとのこと。
リフト乗り場到着。ソフトをいただく。
これから登る人もおられました。

ゴンドラを降りたところではせみがジージー聞こえ 下界は大変熱く感じました。
野崎さんに直江津駅まで送っていただき助かりました。
皆様お世話になりました。
石本さん 皆さんごちそうさまでした。ありがとうございました。
小田

2 石本さんの感想

こんばんは、石本です。
特別山行 八方尾根に行ってきました。
新潟から3名は、特急しらゆきで直江津まで行き野崎さんの車に乗せてもらう。
霜鳥先生の車とも合流し、先生おすすめの美味しいラーメン屋さんで昼食をすませ、姫川温泉 ホテル白馬荘に行く。
古い建物でロビーには、なつかしいジュウクボックスがあり、昭和の時代を感じた。
温泉は源泉かけ流しでちょっと熱め 体が温まり、いいお湯だあった。
夕食のご馳走も沢山あり、満腹となる。
明日は、早朝出発なので早めに就寝。

10日朝食は、各部屋で弁当を食べ、6;05宿の女将さんに見送られて出発する。
途中の白馬駅付近は、トレイルランの大会があるらしくランナー達でにぎわっていた。

6:40 八方駅に着く。
7:30始発のゴンドラに乗る人がいっぱいならんでいる。
ゴンドラとリフト2回乗り継ぎ、八方池山荘(標高1830m)に着く。
8:40 登山開始 岩がゴロゴロして歩きずらい、木道もあり 滑らないように慎重に登る。
団体グループやファミリー登山 若いカップルなど、どんどん私達を追い越して行く。
休憩をとりながら あいゆーのペースで ゆっくり 安全登山で登る。
青空に白馬三山の稜線がはっきりと見える。

八方ケルン付近のナナカマドの赤い実が秋のけはいを感じさせられた。
10:40 八方池 ここで早めのランチタイム。
池には、サンショウウオがいたり、トンボがしっぽを水面につけて産卵しているのが見られた。
11:15 下山 だんだんガスってきて、遠くの山々が見えなくなってきた。
岩ゴロゴロの登山道 木道の段差もあり下りは 登りより大変だった。
リフトとゴンドラに乗り継ぎ八方駅に着く。 
ここで解散  霜鳥車 野地車と別れ、野崎さんに直江津まで送ってもらう。

野崎さん おかげさまで とても楽しい山行でした ありがとうございました。
霜鳥先生 野崎さん 現地下見から宿 車の手配など ありがとうございました。
網野さん サポートありがとうございました。山で食べた梨 美味しかったです ごちそうさま。
野地さん 小田さん お世話になりました。
松嶋智也くん また山で一緒になれるといいですね。
石本雅己 さとみ

3 網野さんの感想

八王子の網野です。
八方尾根山行お疲れ様でした。
八方尾根の登り下りを石本さんのパートナーをさせていただきました。何かとご迷惑をかけたように思います。登りでは気にならなかった段差や大きな石が下山では、とても歩きずらく感じました。
もし、雨で木道や石が濡れていたら、もっと大変だろうと思いました。
登山道の周りにはたくさんの高山植物が自生していました。一部でも花の説明を読めばよかったでしょうが、登山者が多かったせいもあり出来なかったことは残念に思いました。

個人的には天気に恵まれ今年一番の展望になりました。
機会があれば、また行きたいです。
霜鳥さん、野崎さん忙しい中ありがとうございました。
参加者の皆さん、ご苦労様でした。


戻る